子育て支援

子育てハガキ通信

無料です!

かわいいイラストが入った子育てハガキ通信は、子育てワンポイントメッセージと、未就園児のお子さんが参加できる姫百合幼稚園の催しが掲載されています。登録すると毎月無料でお届けします。ひよこサロンや見学等でいらした方にもお送りしています。





※お問い合わせフォームが開きますので、「子育てハガキ通信のお申し込み」を選択して送信してください。


令和2年10月号

子どもとの遊び方のポイント ~遊んであげるより、遊んでもらおう

 まだまだ、〈かまって!症候群〉から抜け出せない年代のお子さん。外での活動の疲れを発散するため、今まで以上にかまってもらいたがる場合もあります。

 そんなときストレスを溜めずに相手をするには、親としての責任感を少し横に置いて、童心に戻ってみることです。「親として、ちゃんと遊んであげなくちゃ!」ではなく、心の中の〈子どものわたし〉とわが子が一緒に遊ぶという感じ。「遊んであげる」というより、「遊んでもらう」というモードの方が、柔らかい感じになり、子どもも嬉しいのです。

 「遊びの中で、何かを身につけさせよう」と思う必要はありません。なんの役にも立たなそうな、くだらない遊びでもいいのです。なぜなら、「一緒に同じ時間を過ごして、笑顔を交わしあう」という楽しい経験は、人間関係の基礎だからです。遊びが失敗しても、親子の小競り合いがあっても、それはそれで必要な体験なのです。

 なによりも、童心に戻って楽しむ、わが子とのじゃれあい遊びは、親の心の癒しにも最適です。キャッキャッと一緒にふざけた後は、きっと心がスッキリするはずです。

ページ先頭へ